信頼できる病院選び

病院

体の異変を感じたときに、まず利用するのが城東区の内科です。内科では、幅広い症状を診てくれるので、1番最初に受診するにはぴったりなのです。メスを握らないというのが、外科との大きな違いです。

もっと読む

よく起きる症状

女の人

バセドウ病や橋本病などは、甲状腺ホルモンの量が多かったり、少なかったりすることによって起こる病気です。甲状腺の病気について知っておくことで、症状を感じたときに早めに対処することができます。甲状腺の病気の原因は、遺伝的なこともありますが、ほとんどはストレスやウイルス感染などによって起きてしまいます。甲状腺の病気になった場合の症状は、動悸、体重減少、肌のカサつき、などがあります。このような症状は、他の病気でもよく起こることなので、別の病気と間違われることも多いです。そのため、他の病気の治療を受けてしまい、甲状腺の病気が全く治らないというケースもあるのです。治療を受けている場合でも、症状があまり改善されないという場合は、甲状腺の病気を疑ったほうが良いでしょう。

甲状腺の病気は、あまり身近じゃないと思われがちですが、実際には十数人に1人はかかっているほど、患者数は多いのです。しかし、甲状腺の病気と特定するのが難しいため、他の病気と間違われているのです。甲状腺の病気は、早期発見、早期治療が重要です。そのため、甲状腺の病気の症状を感じている場合は、速やかに受診することが大切です。甲状腺の病気の1つとして、バセドウ病があります。バセドウ病の症状は、首の腫れ、眼球突出、動悸の3つがよく現れます。甲状腺が腫れているときが、甲状腺の病気と思いがちですが、腫れていなくても甲状腺の病気にかかっていることがあるので注意したほうが良いです。

ホルモンの働き

看護師

健康に生活するためにも、甲状腺が正常に働くことはとても大切です。甲状腺ホルモンの分泌は、多すぎる場合も、少なすぎる場合も症状が出てしまいます。甲状腺の病気の疑いがあるなら、血液検査を受けたほうが良いでしょう。

もっと読む

NK細胞療法とは

看護師

今までのがん治療は、副作用の症状が辛いものばかりでしたが、NK細胞療法は副作用がほとんどありません。また、他のがん治療とも併用することができるので、とても注目されています。

もっと読む